健康補助製品の利用|ぐんぐんヘルシープロジェクト

コレステロール

肉よりも卵の方がコレステロールは多い

コレステロール値を下げる努力をしている人は多いです。コレステロール値が高いと、高脂血症などになる可能性が高まります。ですから、肥満の人はコレステロール値を下げることにやっきになるのです。 コレステロール値を下げるには、肉を食べることをやめればいいと思っている人がたくさんいます。確かに、肉にはコレステロールがたくさん含まれています。しかし、肉よりも卵の方がコレステロールの量は多いのです。卵を毎日食べていると言う人は、まず週2個程度に抑えてみましょう。高確率で血清脂質を下げることができます。 下がらなかった場合、肉やイカなどのほかの食品の摂取を控えてみましょう。どんな食品が原因なのか探ることが大切です。

食物繊維が再び注目されている

食生活が変化したことにより脂肪摂取量が増え、メタボリックシンドロームに悩む人が増加しました。一時期は社会問題として取り上げられることも多かったです。しかし、年々健康志向が高まり、食生活を改善する人も増えてきました。そこで、最近では食物繊維を摂る人が多くなっています。 食物繊維の摂取量は年々減っていました。一方で、脂肪摂取量は増えていたので肥満になる人が増えるのも不思議ではありません。しかし、肥満の改善にもなると言うことで食物繊維に再び注目が集まりました。 食物繊維を多く含む食品と言えば、イモ類と言うイメージが強いです、しかし、最近はフルーツで食物繊維を摂る人が増えています。食べやすいからと言うのが理由です。